• 商品一覧
  • お問合せ
  • ブログ記事
お仕事の依頼
好かれるマーケティング研究室のデフォルトサムネイル画像

Googleビジネスプロフィールのはじめかた〜新しいお客さんをあなたのお店に引き寄せる〜(2021年版)

2021-12-06
「あーお腹すいたなぁ。今日は何を食べようかな」
そんな何気ない日常の風景。僕はちょっと考えながら道を歩いていました。昨日は牛丼を食べたし、その前はハンバーグを食べたな。うん、たまにはお魚を食べたい。そう思った僕は、近くにお魚のお店がないかを、手に持っていたスマホで調べ始めました。
"中野区 魚料理"…で検索!
Google検索結果
すると一番上に地図が表示されて、知らなかったお店がこんなにあることに驚きつつも、どのお店にしようか悩み始めました。
「このお店は、星が3以下かぁ…うーん、やめておこう。こっちは、なんだかお店が暗いなぁ。お、ここは星も多いし、料理も美味しそう。よし、ここにしよう!」
これが最近、新しいお店を検索するときに行われていることです。
実際に僕も、同じようなプロセスを辿って、どこのお店で食べようか決めたりしています。ここで利用しているのが、GoogleビジネスプロフィールというGoogleが提供しているツールなのです。
注目しておくべきことは、このとき僕はお店を選ぶときに、そのお店のホームページを見ていないということです。ホームページのリストが表示される前に、Googleビジネスプロフィールに登録されているお店が表示されて、そこで完結してしまっているのです。
あなたがどんなに頑張ってホームページを作ったとしても、そもそも見てもらえない可能性があるということです。これは恐ろしいですよね。
Googleビジネスプロフィールを使っていたとしても、正しく設定していない場合、Googleビジネスプロフィールに表示されるお店の中でも、下の方に表示されることになって、これもまた見てもらえない結果になってしまいます。
でも、良い話もあります。後でわかりますが、Googleビジネスプロフィールでは、正しいことを正しくやるだけで、意外と結果につながります。
Googleビジネスプロフィールからお客さんをお店に引き寄せるための設定について説明します。今回の記事では、Googleビジネスプロフィールに登録するところまでを説明します。
それでは、Googleビジネスプロフィールを活用していけるように頑張っていきましょう!

Googleビジネスプロフィールの目標

まずは、Googleビジネスプロフィールで、何を目標にしたらいいのかを考えてみましょう。Googleビジネスプロフィールを、どんな人が利用するかということから考えるとわかりやすいかもしれません。
最初の例をみてもわかるように、まだどこに行くかはっきりと決めておらず、初めて行くようなお店でGoogleビジネスプロフィールを活用しています。つまり、Googleビジネスプロフィールを見るのは、あなたにとって新規のお客さんである可能性が高いです。
あなたの経験を思い出してみて欲しいのですが、その地域で居酒屋と言えば…みたいなお店が頭の中にあった時に、Googleビジネスプロフィールは使わないと思います。だって、思いついたお店にいけばいいだけですからね。
もしくは、過去に1回、別のお店を選んだけれども、そのお店に満足していなかった場合です。この場合、他にもっといいお店がないかなと、同じような条件で再度検索を行い、自分にあったお店を探すことでしょう。
つまり、Googleビジネスプロフィールで集めることができるのは、基本的に新規客になります。もしくは、あなたのお店や他のお店に満足せずに、新しいお店を探そうとしているお客さんです。つまり、、、
  1. あなたのお店に新しく来る新規のお客さんを増やす
  2. あなたのお店から新しく乗り換えようとしている既存のお客さんを減らす
これをGoogleビジネスプロフィールを使う目標にしておきましょう。これからGoogleビジネスプロフィールの登録方法を説明していきますが、これらの2つの目標を頭の片隅においておきましょう。

Googleビジネスプロフィールに登録して順位が高くなる情報

実際に登録を行う前に、Googleビジネスプロフィールにどんな情報を登録したらいいのかを知っておきましょう。この情報は、登録するときに役に立つはずです。
まず重要なのは、あなたのお店が、お客さんに表示されるようになっているか、ということです。特に検索したときに、Googleビジネスプロフィールで最初の画面に表示されるお店は3件しかありません。つまり、この3件に入るかどうかであなたのお店が認識されるかに大きな影響があります。
そこで、まずは提供元のGoogle先生が何を推奨しているか見てみましょう。Googleが提供しているヘルプ情報に、「Googleのローカル検索結果の掲載順位を改善する」という記事がありますので、そこを見てみます。
Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法
ローカル検索結果というのは、Googleビジネスプロフィールでの表示結果のことです。検索した時にお店が出てくる順番をよくする方法というわけですね。
通常の検索の時と同じように、あなたのお店が1番に出てきた方が、お客さんが見る確率が高く、お客さんが来てくれる可能性も高いでしょう。
この記事では、以下のことが重要だと書かれています。
ビジネス情報を更新して表示頻度を上げる
① 詳細なデータを入力
② 場所の確認手続き
③ 営業時間の情報を正確に保つ
④ クチコミの管理と返信を行う
⑤ 写真を追加

① 詳細なデータを入力

まず①の[詳細なデータを入力]についてですが、Googleビジネスプロフィールにちゃんと情報提供をしているかどうかです。
あなたがGoogleで検索したときに、その検索に合致した情報を出して欲しいですよね。魚料理のお店を探していて、お肉料理のお店が出てきたら困ってしまいます。
詳しくは後で説明しますが、基本的に全部の情報を、お客さんの役に立つように埋めるようにしてれば大丈夫です。

② 場所の確認手続き

続いて、②の[場所の確認手続き]ですが、お店の店主がGoogleビジネスプロフィールを使っているかということです。
Googleでお店を検索しときに、”このビジネスのオーナーですか?”が表示される場合、まだ使っていないことが考えられます。
Googleビジネスプロフィールを活用しようとしている人を先に表示するのは、考えてみれば当たり前ですよね。
お店の主人がGoogleビジネスプロフィールを使っていないのであれば、情報が正確でない可能性が高くなります。そう言った意味からGoogleはちゃんと登録をしているお店を上位に表示するのでしょう。

③ 営業時間の情報を正確に保つ

今の時期は特に営業時間を正確に表示することは重要です。
なぜなら新型コロナウィルスの影響で、お店の営業時間が通常の時間と異なっている可能性が高いからです。
お客さんがGoogleで情報を見て、お店に来てくれたのに、「お店が閉まっていた…ガッカリ」なんてことがあるかもしれません。なので、常に最新情報にしておくべきなのです。

④ クチコミの管理と返信を行う

クチコミの返信を行うことで、あなたのお店がお客さんとコミュニケーションをどのぐらい取っているかがGoogleに伝わります。
クチコミに対して、感情的に寄り添うことで、お客さんは大切にされていると感じたりもします。また、その好意的なやりとりを他のお客さんが見れば、いい対応をしているお店だと感じて、あなたのお店に来てくれる可能性が高まることでしょう。

⑤ 写真を追加

写真は、あなたのお店がどんなお店なのかを、視覚的にアピールすることができます。お客さんの求める条件に、あなたのお店が合致しているかを写真から探す人もいます。条件というのは、「何人で行っても大丈夫そうかな…?」とか「料理の量はどのぐらいかな…?」ということです。
まだあなたのお店を訪れたことがないお客さんは、このような内装や料理の量を知りたいことがあります。
でも求めていた情報がないと、他に情報があるお店を探しにいくでしょう。そのために、わざわざ問い合わせをするのは面倒だからです。そうした人を失わないためにも写真の情報は重要です。

Googleビジネスプロフィールに大切な情報の共通点

これらの項目に共通していることは、Googleビジネスプロフィールのフォーマットに合わせて、新しく来るお客さんにできるだけ多くの情報を提供しましょうということです。
普通の人は、よくわからないお店には行こうとしません。写真も営業時間も書いていないお店に行こうとするでしょうか?僕なら間違いなく行きません。
重要なことは、お客さんにとってにとって役に立つ情報は、どんな情報かを考えて、それを登録していくことです。
Googleビジネスプロフィールで情報をしっかり提供して、来てくれたお客さんに満足してもらえるお店になることを目指していきましょう。
残念ながらGoogleビジネスプロフィールを使う上で、裏技みたいなものは特にありません。Googleの推奨している方法に従って、その通りにやるのが一番成功率が高いでしょう。
それでは、実際の登録方法について、もう少し詳しく説明していきます。

Googleアカウントの作成方法

Googleビジネスプロフィールは、Googleのサービスなので、Googleのアカウントが必要になります。まだ持っていない方はGoogleアカウントを作成しましょう。
また、すでにアカウントを持っていても、管理上アカウントを分けておいた方がいい場合も、新しいアカウントを作っておきましょう。後で説明しますが、Googleビジネスプロフィールでは、オーナー、管理者、サイト管理者と役割をアカウントによって変えることもできます。
Googleアカウントは無料で作れますので、この機会にぜひ作って見てください。リンクのGoogleのページにアクセスしてください。
右上にある、点が9個あるアイコンから、"アカウント"をクリックすればアカウントしてアカウントページに飛べます。
Googleアカウントページへのアクセス方法
もしくは、下のリンクにアクセスすれば、直接飛ぶことができます。
Googleアカウント トップページ
右上の[アカウントを作成する]からアカウントを作成することができます。
詳しい方法は説明しませんが、指示通りに進めれば難しいことはありません。

Googleビジネスプロフィールへの登録

それでは、アカウントの作成が終わったら、Googleビジネスプロフィールに登録していきましょう。Googleビジネスプロフィールへの登録方法は、いくつか種類がありますが、一番シンプルな方法で進めていきます。
まずは、Googleビジネスプロフィールにアクセスしていきます。
Googleのアカウントにまだログインしていない方は、ログインしておいてください。右上の[ログイン]ボタンをクリックすればログインできます。
もしGoogleで検索して自分のお店が表示される場合、そちらから登録もできますが、こちらから進める方が簡単です。
登録作業の最初に、すでにお店が自動登録されているか確認できるので、安心してください。
それでは、中央か右上にある青い[今すぐ開始]ボタンをクリックして登録を始めていきます。

1.既存の登録情報の確認

[今すぐ開始]を押すと、あなたのお店が既にGoogleに登録されているか、検索して確認できます。
Googleビジネスプロフィール 設定開始
あなたのお店の名前を入力して、表示されるか確認して見ましょう。
検索バーに、お店の名前を入力し始めると、下にお店の候補が表示されます。
Googleビジネスプロフィール お店検索
あなたのお店が表示されるようであれば、検索された結果をクリックして選択しましょう。
Googleビジネスプロフィール お店選択
詳細画面が表示されますので、あなたのお店かどうか正しいか確認してから、[管理を開始]ボタンを押して、Googleビジネスプロフィールの設定を開始しましょう。
もしお店の情報が表示されなければ、下の[Googleにビジネス情報を追加]から情報を追加を開始できます。
今回は、お店が見つからなかった場合の手順で進めていきます。

2.あなたのお店の基本情報の登録

まずは[ビジネスプロフィールの作成を開始する]ページに移動します。
あなたのビジネスの名前(お店の名前)と、そのカテゴリを入力します。
Googleビジネスプロフィール お店名入力
[ビジネス名]には、あなたがお客さんに伝えていたり、店頭にある看板などに使っている名前を使いましょう。その方がお客さんが検索したときに、あなたのお店だとわかってもらいやすいです。
[ビジネスカテゴリ]は、Googleに登録されているビジネスカテゴリから選ぶことになります。そのため、文字の一部を入力すると、それに近い候補が表示されます。自由に作れたりはしないので気をつけてください。
Googleビジネスプロフィール ビジネスカテゴリ選択
もし候補にない、カテゴリーを記入してしまうと、以下のようなエラーが表示されます。
Googleビジネスプロフィール ビジネスカテゴリ選択 エラー
あなたのお店に一番近いものを選んでください。
今回はレストランを選びます。
(選択したカテゴリーによって、出てくる設定が少し変わることがあります)

3.あなたのお店の場所を登録するかの確認

[次へ]で進むと、店舗やオフィスに実際にお客さんが訪れるかどうかを聞かれます。
Googleビジネスプロフィール お客さんが訪れるかの確認
例えば、あなたがお店を持っていて、そこにお客さんが訪れるのであれば、”はい”。あなたがサービスを提供するために、お客さんの元に訪問するような場合は、"いいえ"になります。
"はい"を選んだ場合、住所入力画面になります。あなたのお店の住所を指示通りに登録してください。
カテゴリーで[レストラン]を選んだ場合は、お店の住所が必須になっていますので、"はい"を選んで住所を入力してください。
Googleビジネスプロフィール 住所入力
ちなみに"いいえ"を選んだ場合は、[サービス提供地域]を指定することになります。あなたがサービスを提供している地域を入力してください。
サービスを提供できない遠方の地域でお店の情報が表示されても、お互い困ってしまいますからね。これも一部を入力すれば、候補が表示されるので、その中から選ぶようにしてください。 Googleビジネスプロフィール サービス提供地域選択
住所を入力した後は、[商品配達や出張型サービス]があるかどうかを聞かれます。
Googleビジネスプロフィール 商品配達選択
料理のテイクアウトや、出先で調理するなどのサービスを行っているのであれば、"はい"を選択します。
"はい"を選択した場合、先ほどの[サービス提供地域]の登録をこのタイミングで実施できます。

4.あなたの連絡先の登録

"次へ"で進むと、あなたの連絡先を登録する画面に移ります。
Googleビジネスプロフィール 連絡先追加
あなたの[連絡先の電話番号]と、[ウェブサイトの有無]を確認しています。
ウェブサイトに関しては、あなたのホームページが既にあるなら、そのURLを登録してください。ウェブサイトを持っていない場合は、[ウェブサイトを持っていない]にチェックを入れてください。

5.最新情報入手有無の確認

次に進むと、[最新情報の入手]をするかを聞かれます。要するにGoogleのメールマガジンに登録して情報を受け取るかどうかです。あなたのお好みに合わせて、選択してください。